スポンサーリンク

米国政府がZTEへの制裁措置に関する猶予期間を延長


米国の政府機関である商務省は2016年3月8日より中国のZTE (中興通訊)など関連会社を含めた4社を輸出規制対象の事業体に追加したが、その後に商務省は条件付きで制裁措置の実施に猶予期間を設けており、その猶予期間を延長する決定を下した。

ZTE、ZTEが直接出資する完全子会社で中国のZTE Kangxun Telecommunications (深圳市中興康訊電子)、中国のBeijing 8 Star International (北京八星国際貿易)、イランのZTE Parsian (中興波斯)の4社は米国政府によるイランへの制裁に違反したことを理由に輸出規制対象の事業体に追加されており、中国の政府機関である商務部が抗議の声明を発表する事態に至った。

米国政府はイランへの制裁措置の一環として規制対象品目を指定してイランへの輸出や再輸出を制限する禁輸措置を実施しているが、ZTEなどはダミー会社を利用して規制対象品目を無許可でイランに輸出したことが確認されており、これが米国政府によるイランへの禁輸措置に違反したと判断された。

米国企業は輸出規制対象の事業体に対してはあらゆる製品の供給が困難となるため、ZTEは米国企業から部品や資材の調達に苦しむことは必至と見られていた。

しかし、商務省はZTEが問題解決に協力することを条件として2016年6月30日までを猶予期間に設定して制裁措置の発動を一時的に停止し、さらに猶予期間の終了を目前にして2016年8月30日まで猶予期間を延長した。

ZTEは関係当局と連携して必要に応じて情報を公開し、輸出規制の対象外となるよう努力を継続する決意を示している。

ZTE

■関連記事
米国政府がZTEを輸出規制対象に指定すると発表、イラン制裁に違反
米国政府によるZTEへの制裁措置に中国政府が声明を発表、強い不満を表明

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK