スポンサーリンク

ZTE Multyが技適を再通過、日本向けZTE AXON Mか


zte

総務省の技術基準適合証明または工事設計認証を2017年7月前半および2017年7月後半に通過した端末が公示された。

ZTE (中興通訊)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Multy」が2017年7月7日付けでビューローベリタスジャパンを通過したことが分かった。

工事設計認証番号は022-100024。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/1500(B21)/800(B19) MHz, W-CDMA 2100(I)/800(VI/XIX) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANは2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯も利用できる。

Multyは未発表端末のメーカー型番である。

ビューローベリタスジャパンの認証は2度目の通過となり、無線LANの5.xGHz帯を追加で認証を受けている。

5.xGHz帯の無線LANに対応するため、NTT DOCOMO向けMONO MO-01Kのメーカー型番ではないことが確定した。

これまでより、MultyはZTE AXON Mのコードネームとして伝えられており、ビューローベリタスジャパンの認証を取得したMultyは日本向けのZTE AXON Mとなる可能性がある。

ZTEは日本国内でSIMロックフリーのスマートフォンを展開しており、エントリークラスのスマートフォンでもFDD-LTE 900(B8) MHz, W-CDMA 900(VIII) MHzに対応する傾向にあるが、MultyはFDD-LTE 900(B8) MHz, W-CDMA 900(VIII) MHzに非対応で、さらにFDD-LTE 1500(B21) MHzに対応するため、NTT DOCOMO向けとなる可能性も排除できない。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK