スポンサーリンク

ソフトバンクと華為技術がロボットにおける5Gの活用に向けた実証実験を実施へ


softbank

SoftBankは中国のHuawei Technologies (華為技術)とロボットにおける第5世代移動通信システム(5G)の活用に向けた実証実験に関する契約を締結したと発表した。

SoftBankとHuawei Technologiesはインターネットを通じてつながるロボット「コネクテッド・ロボット」の実現に向けた検討や実証実験を2018年より実施する予定である。

実証実験ではSoftBankが開発した箱型自律走行ロボット「CUBEくん」および「木箱くん」を活用するという。

SoftBankは2016年8月に5G向け候補周波数帯の実験局免許を取得し、5Gの要素技術を実装した実証実験装置を用いた超高速ブロードバンド通信や超低遅延通信などの検証を実施してきた。

これからは、Huawei Technologiesとの契約に基づいて、ロボットにおける5Gの大容量通信や低遅延通信の活用方法を検証するという。

5Gを活用することでロボット本体には高性能なCPUなどが不要となり、ロボット本体の小型化やコスト削減を実現し、さらにほかのロボットとデータの共有が容易になるなど、機械学習やAIの進化を促進させるという。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK