スポンサーリンク

米AT&T向けZTE Axon M (Z999)の対応周波数を公開


axonm02

米国の移動体通信事業者であるAT&T MobilityはZTE (中興通訊)製のスマートフォン「ZTE Axon M (Z999)」の詳細なスペックを公開した。

折り畳み式の筐体でデュアルディスプレイを採用したスマートフォンである。

OSにはAndroid 7.1.2 Nougat Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 821 (MSM8996Pro)となる。

CPUはデュアルコアの2.15GHzとデュアルコアの1.6GHzで計クアッドコアとなっている。

ディスプレイは2枚の約5.2インチFHD(1080*1920)液晶を搭載しており、画素密度は426ppiである。

2枚のディスプレイを合わせて表示すると約6.75インチ相当となり、1枚の大きなディスプレイとして使うこともできる。

カメラは約2000万画素積層型CMOSイメージセンサSony IMX350 Exmor RSを備える。

通信方式はFDD-LTE 2300(B30)/1900(B2)/ 1700(B4/B66)/850(B5)/ 700(B12/B29) MHz, W-CDMA 1900(II)/1700(IV)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzに対応している。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリア(3CC CA)やLTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

CAの組み合わせは2コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(2CC CA)がCA_2A-5A、CA_2A-12A、CA_2A-29A、CA_2A-30A、CA_4A-5A、CA_4A-12A、CA_4A-29A、CA_4A-30A、CA_5A-30A、CA_5A-66A、CA_12A-30A、CA_12A-66A、CA_29A-66A、CA_30A-29A、CA_30A-66A、3CC CAがCA_2A-5A-30A、CA_4A-5A-30A、CA_2A-12A-30A、CA_4A-12A-30A、CA_2A-29A-30A、CA_4A-29A-30Aとなることが分かっている。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、容量は3180mAhとなっている。

急速充電のQualcomm Quick Charge 3.0を利用可能で、充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

電源キーには指紋認証センサを統合しており、セキュリティ性能を高めている。

無線緊急警報のCMASを受信できる。

AT&T Mobilityにおける定価は724.99米ドル(約83,000円)に設定されている。

axonm03
AT&T Mobility

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK