スポンサーリンク

豪州向けiPhone Xの通信モデムはSnapdragon X16、2個の電池パックを搭載


米国のAppleが発売したスマートフォン「Apple iPhone X」がiFixitによって分解された。

iFixitは豪州のApple Castle TowersにてApple iPhone Xを入手した模様で、分解されたApple iPhone Xは豪州向けとなる。

分解の様子を写真付きで解説しており、通信モデムはQualcomm MDM9655を搭載するという。

Qualcomm MDM9655はQualcomm Snapdragon X16 LTE Modemの型番のひとつである。

Qualcomm Snapdragon X16 LTE Modemは下りがLTE DL Category 16、最大で4CC CA、256QAM、4×4 MIMOに対応、上りがLTE UL Category 13、2CC CA、64QAMに対応し、通信速度は下り最大1Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

ただ、Apple iPhone Xは4×4 MIMOには非対応となる模様で、LTE DL Category 15およびLTE UL Category 13に対応し、通信速度は下り最大800Mbps/上り最大150Mbpsと思われる。

分解の結果から、2個の電池パックを搭載しており、L字型に配置されていることも分かっている。

電池パックの容量は2716mAhとなっている。

その他の部品なども分解を通じて明らかにされている。

iphonex-press
iFixit

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK