スポンサーリンク

韓国のKTが軍の戦術情報通信システムの改善を支援


韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるKTは韓国軍の戦術情報通信システム(Tactical Information Communication Network:以下、TICN)の構築事業に参画し、TICNの改善を支援したと発表した。

KTによるとTICNにKTの移動基地局用無線網設計ツールを適用したという。

これにより、軍の作戦車両に搭載された移動基地局と無線バックホールを通じて、様々な状況下でシームレスに音声通話とデータ通信の利用が可能になるとのことである。

KTが保有する無線網の設計ノウハウと技術を活用しており、TICNの円滑な運用と無線品質の向上に貢献し、KTの移動体通信網技術の優秀性を立証したとアピールしている。

なお、TICNの構築事業は韓国の政府機関である国防部(Ministry of National Defense:MND)の傘下で研究機関として機能する国防科学研究所(Agency for Defense Development:ADD)が主管する5兆韓国ウォン(約5,150億円)規模の事業で、KTは過去にもシステム開発や運用試験などでTICNに参画していた。

KT

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK