スポンサーリンク

インドにおける2017年Q4のスマホ出荷シェアが判明、vivoとOPPOは減少


香港特別行政区の調査会社であるCounterpoint Technology Market Researchはインドにおける2017年第4四半期および2017年通年のスマートフォンの出荷台数に関する調査結果を発表した。

メーカーおよびブランド別の占有率が公開されている。

2017年第4四半期は中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)が1位で、占有率は前年同期比16ポイント増の25%となった。

2位は韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)で、占有率は前年同期比1ポイント減の23%で、Xiaomi Communicationsに首位の座を明け渡した。

3位は中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)、中国のLenovo Group (聯想集団)、中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)が6%で並んだ。

Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsは前年同期比2ポイント減、Lenovo Groupは前年同期比3ポイント減、vivo Mobile Communicationは前年同期比4ポイント減となり、軒並み占有率を減らした。

その他のメーカーおよびブランドは前年同期比6ポイント減の34%となり、トップ5が占める割合が拡大した。

なお、Lenovo Groupには子会社で米国のMotorola Mobilityが含まれている。

2017年通年はSamsung Electronicsが1位で、占有率は前年比1ポイント減の24%となり、減少したもののトップを維持した。

2位はXiaomi Communicationsで、占有率は前年比13ポイント増の19%である。

3位はvivo Mobile Communicationで、占有率は前年比5ポイント増の10%となった。

4位はGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsで、占有率は前年比3ポイント増の8%となり、Lenovo Groupを抜いた。

5位はLenovo Groupで、占有率は前年比2ポイント減の7%に落とした。

その他のメーカーおよびブランドは前年比18ポイント減の32%となった。

Xiaomi Communicationsは低価格帯から高価格帯まで幅広くラインナップを用意し、またMi Home (小米之家)としてオフラインの販売店を拡充したことも功を奏して、スマートフォンの出荷台数を大幅に増やした。

インドでは低価格帯から中価格帯のスマートフォンが主流であり、2017年通年はXiaomi Redmi Note 4が最も販売台数が多く、それにXiaomi Redmi 4が続いた。

なお、インドでは2017年通年のスマートフォンとフィーチャーフォンを含めた携帯電話の出荷台数が初めて3億台を超え、そのうちスマートフォンは44%を占めた。

2017年第4四半期は携帯電話の出荷台数が前年同期比37%増で、そのうちスマートフォンは前年同期比12%増となった。


Counterpoint

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK