スポンサーリンク

FREETEL FTU18A00をCricket Waveとして米AT&T傘下のCricket Wirelessに投入へ


Plus One Marketing製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「FTU18A00」が2018年1月29日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過した。

FCC IDは2AG5L-FTU18A00。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2300(B30)/1900(B2)/1700(B4/B66)/ 850(B5)/700(B12) MHz, W-CDMA 1900(II)/1700(IV)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応し、2.4GHz帯のみ利用できる。

FTU18A00は未発表端末の型番(モデル番号)である。

ペットネームはCricket Waveとなることが判明している。

米国のAT&Tの子会社であるCricket Wireless向けとなり、Plus One Marketingが展開していたFREETELブランドではなく、Cricketブランドのスマートフォンとして展開することになる。

FCCでは申請者がPlus One Marketingとなっているが、Plus One Marketingは2018年1月9日付けでFREETELブランドと携帯端末事業をMAYA SYSTEMに譲渡した。

認証の実施日は2017年11月22日で、Plus One Marketingの製品として認証を実施したため、Plus One Marketingが認証の申請者として公示されている可能性がある。

Cricket Waveのスペックの一部も判明している。

OSにはAndroid 7.1 Nougat Versionを採用する。

チップセットはQualcomm Snapdragon 210 (MSM8909)で、CPUはクアッドコアとなっている。

ディスプレイは約5.1インチHD(720*1280)IPS液晶を搭載している。

カメラはリアに約800万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2300(B30)/1900(B2)/1700(B4/B66)/ 850(B5)/700(B12) MHz, W-CDMA 1900(II)/1700(IV)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE UE Category 4に対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)となる。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)にも対応している。

システムメモリの容量は2GBで、内蔵ストレージの容量は16GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムイオン電池で、容量は2500mAhとなっている。

コードネームはNinjaとして開発した模様である。

FCCでは実機画像や取扱説明書なども公開されている。



FCC – Plus One Marketing FTU18A00

■関連記事
プラスワン・マーケティング、MAYA SYSTEMに携帯端末事業とFREETELブランドを譲渡
FREETELブランドのプラスワン・マーケティング、民事再生法の適用を申請

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK