スポンサーリンク

ミャンマーのanandaが近く4G+としてLTEサービスを開始


ミャンマー(ビルマ)のIGE Group傘下のAmara Communications (ACS)は近く4G+としてLTEサービスを開始することを明らかにした。

ブランド名をanandaとして展開する計画で、すでにミャンマーの最大都市・ヤンゴンではビルボードに広告を出稿して宣伝を開始している。

Amara Communicationsは2016年10月に開催された2.6GHz帯の周波数オークションで落札に成功した。

2.6GHz帯の周波数オークションは対象地域がミャンマー全土ではなく、リージョン1、リージョン2、リージョン3に分けられ、Amara Communicationsはリージョン2とリージョン3で2.6GHz帯の20MHz幅を保有する。

Amara Communicationsの提供エリアはヤンゴン、エーヤワディ、ラカイン、マンダレー、サガイン、チン、シャン、カチン、カヤーとなり、TD-LTE方式による高速なデータ通信サービスを提供する計画である。

ananda

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK