スポンサーリンク

NTTドコモ・au・ソフトバンクがSHARP AQUOS R2を発売へ


SHARPはスマートフォン「SHARP AQUOS R2」をNTT DOCOMO、auを展開するKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)、SoftBank向けに投入する見込みであることが分かった。

SHARP AQUOS R2の発表に伴い、SHARPは2018年5月8日よりSHARP AQUOS R2のスペシャルサイトを公開した。

スペシャルサイトのページのソースを参照すると、順当にNTT DOCOMO、au、SoftBankそれぞれにSHARP AQUOS R2を準備中と分かる。

SHARP AQUOS Rと同様に移動体通信事業者(MNO)より正式に発表後、詳しい製品情報とオンラインショップで価格を確認できるようリンクを設けると予想できる。

すでに認証情報などからNTT DOCOMO向けのSHARP AQUOS R2はAQUOS R2 SH-03Kとなることが判明している。

AQUOS R2 SH-03KのFCC IDはAPYHRO00259で、SHARP AQUOS R2のFCC IDとしてはAPYHRO00260も用意されており、APYHRO00260がau向けとSoftBank向けのSAHRP AQUOS R2になると思われる。

なお、au向けAQUOS R SHV39とSoftBank向けAQUOS R (605SH)はハードウェアが共通化されてFCC IDも共通であるため、SHARP AQUOS R2もau向けとSoftBank向けはハードウェアが共通となる可能性が高い。


SHARP – AQUOS R2 スペシャルサイト

■関連記事
NTTドコモ向けスマートフォンSH-03KがFCC通過、AQUOS R2として発表か
au向けAQUOS R SHV39とSoftBank向けAQUOS R (605SH)のハード共通化を確認

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK