スポンサーリンク

台湾の携帯電話事業者各社が3G業務を終了、4G契約のみに


台湾の移動体通信事業者(MNO)であるChunghwa Telecom (中華電信)、Taiwan Mobile (台湾大哥大)、Far EasTone Telecommunications (遠傳電信)、Taiwan Star Telecom (台湾之星電信)は3G「第三代行動通信(3G)業務(以下、3G業務)」を終了した。

2018年12月31日に3G業務の免許が満期を迎え、それに伴いChunghwa Telecom、Taiwan Mobile、Far EasTone Telecommunications、Taiwan Star Telecomは2018年12月31日をもって3G業務を終えた。

3G業務の免許には主に3G契約の電気通信役務を提供するための許可や3G向け周波数を利用するための許可が含まれている。

3G業務の終了に伴い、Chunghwa Telecom、Taiwan Mobile、Far EasTone Telecommunications、Taiwan Star Telecomは3G契約の回線に対する電気通信役務の提供を終了した。

Chunghwa Telecom、Taiwan Mobile、Far EasTone Telecommunications、Taiwan Star Telecomは3GとしてW-CDMA方式を導入しているが、異質網路として4G向け周波数でW-CDMA方式の運用を継続するため、W-CDMA方式のネットワークは停波しない。

影響を受ける対象は3G契約のみで、4G契約や国際ローミングであれば引き続きW-CDMA方式のネットワークも利用できる。

なお、Asia Pacific Telecom (亞太電信)も3G業務の免許は2018年12月31日に満期を迎えたが、Asia Pacific Telecomは3G業務の免許の満期を待たず、2017年12月31日をもって3G業務を終了している。

Asia Pacific Telecomは3GとしてCDMA2000方式を導入していたが、3G業務の終了に伴いCDMA2000方式のネットワークも停波した。



店頭に掲出された3G業務の終了に関する案内

■関連記事
台湾における3G業務の終了に関する注意点、3Gネットワークは停波せず

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK