スポンサーリンク

ラオスのLao Telecomが近くeSIMサービスを開始へ


ラオスの移動体通信事業者(MNO)であるLao Telecommunications Companyは近くeSIMサービスを提供する計画を明らかにした。

ラオスで初めてとなるeSIMサービスの提供の開始に向けて準備を進めていると案内している。

まずはeSIMサービスの提供に関する予告にとどまり、具体的なeSIMサービスの提供を開始する日程などは公表されていない。

eSIMサービスの申請および利用の方法なども改めて案内する見込み。

Lao Telecommunications CompanyのeSIMサービスは少なくとも米国のAppleが発売したスマートフォン「Apple iPhone XS」、「Apple iPhone XS Max」、「Apple iPhone XR」が対応する模様である。

Apple iPhone XS、Apple iPhone XS Max、Apple iPhone XRは一部のモデルを除いてeSIMに対応している。

eSIMの規格は業界団体のGSM Association (GSMA)の標準規格であるリモートSIMプロビジョニング(RSP)に準拠する。

なお、eSIMの機能を有効化するためには、iOS 12.1以降のバージョンのiOSを利用する必要がある。

これまでに、ラオスでeSIMサービスの提供を開始した移動体通信事業者はなく、Lao Telecommunications Companyが予告した通りにLao Telecommunications Companyがラオスで最初にeSIMサービスの提供を開始する移動体通信事業者となる可能性が高い。



Lao Telecommunications Companyの本社 (ラオス・ビエンチャン都)

Lao Telecommunications Company

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK