スポンサーリンク

日本市場でBlackBerry KEY2 Red Editionを4月中旬に発売へ、100台限定に


FOXはTCL Communication Technology Holdings (TCL通訊科技控股)製のスマートフォン「BlackBerry KEY2 Red Edition」を正規代理店として日本市場で発売すると明らかにした。

BlackBerry KEY2 Red EditionはBlackBerry KEY2の限定版となり、日本市場では100台限定で販売する予定である。

2019年4月上旬より予約の受け付けを開始し、2019年4月中旬に販売を開始すると案内している。

販売価格は89,800円(税別)に設定されている。

00から99のシリアルナンバーが入った専用のケースとなるLORNA PASSONI German Shrunken Calf Leather Sleeve Case for KEY2 RED EDITIONが特典として付属する。

日本市場向けBlackBerry KEY2の型番(モデル番号)としてはBBF100-8とBBF100-9の2種類が存在するが、日本市場向けのBlackBerry KEY2 Red EditionはBBF100-9と共通のハードウェアとなる。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 660 Mobile Platform (SDM660)で、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約4.5インチで解像度が1080*1620のIPS液晶を搭載する。

カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサと約1300万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/ 1900(B2)/1800(B3)/1700(B4)/ 1500(B32)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B17/B28) MHz, LTE (TDD) 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE UE Category 11に対応しており、性能上の通信速度は下り最大600Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)やNFC Type A/Bも利用できる。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は128GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3500mAhとなっている。


FOX

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK