スポンサーリンク

韓国のKTが5Gサービスを4月5日に商用化、料金プランを公開


韓国の移動体通信事業者(MNO)であるKT Corporationは第5世代移動通信システム(5G)の一般向けサービスを2019年4月5日に商用化すると発表した。

KT Corporationは2018年12月1日より一部の法人顧客に限定して5Gサービスを提供しているが、一般の個人顧客は加入できないため、5Gサービスを商用化したとは言い難い状況であった。

2019年4月5日より一般の個人顧客の加入も受け付け、正式に5Gサービスを商用化する。

正式な5Gサービスの商用化に合わせて、対応端末として韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)が開発したスマートフォン「Samsung Galaxy S10 5G (SM-G977N)」を2019年4月5日に発売することが決まっている。

5Gに対応したスマートフォンの発売は韓国で初めてであり、世界でも初めてとなる。

KT Corporationは5Gサービスの料金プランも公開している。

料金プランは月額55,000韓国ウォン(約5,400円)の5Gスリム、月額80,000韓国ウォン(約7,800円)のスーパープラン ベーシック、月額100,000韓国ウォン(約9,800円)のスーパープラン スペシャル、月額130,000韓国ウォン(約12,700円)のスーパープラン プレミアムを用意する。

5Gスリムの場合、韓国国内のデータ通信はデータ通信容量が無制限であるが、通信速度は8GBまでは無制限で、8GBを超過すると当月分は最大1Mbpsに抑えられる。

スーパープラン ベーシックの場合、韓国国内のデータ通信は通信速度とデータ通信容量ともに無制限で、国際ローミングのデータ通信は通信速度が最大100kbpsでデータ通信容量が無制限である。

スーパープラン スペシャルの場合、韓国国内のデータ通信は通信速度とデータ通信容量ともに無制限で、国際ローミングのデータ通信は通信速度が最大100kbpsでデータ通信容量が無制限である。

スーパープラン プレミアムの場合、韓国国内のデータ通信は通信速度とデータ通信容量ともに無制限で、国際ローミングのデータ通信は通信速度が最大3Mbpsでデータ通信容量が無制限である。

なお、スーパープラン ベーシックはVIPの会員特典が付属し、スーパープラン スペシャルとスーパープラン プレミアムはVVIPの会員特典、端末保険、スマート機器の1回線が付属する。

端末購入時に公示支援金を適用せずに選択約定割を選択すると、5Gスリムは月額41,250韓国ウォン(約4,000円)、スーパープラン ベーシックは月額60,000韓国ウォン(約5,900円)、スーパープラン スペシャルは月額75,000韓国ウォン(約7,300円)、スーパープラン プレミアムが月額97,500韓国ウォン(約9,500円)で利用できる。

表記の金額はすべて付加価値税込である。

KT Corporationは5G向けの周波数としてサブ6GHz帯の3.5GHz帯の100MHz幅およびミリ波(mmWave)の28GHz帯の800MHz幅を保有しているが、まずは3.5GHz帯のみを使用する。

5Gの通信方式としては3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を採用している。

なお、KT CorporationにはNTT DOCOMOが資本参加しており、NTT DOCOMOによる持分比率は約5.5%となっている。

KT Corporation

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK