スポンサーリンク

Vodafone Group、ニュージーランドVodafone New Zealandの売却を正式発表


英国のVodafone Groupは同社の完全子会社でニュージーランドの移動体通信事業者(MNO)であるVodafone New Zealandを売却すると発表した。

Vodafone GroupはニュージーランドのInfratilおよびカナダのBrookfield Asset ManagementからなるコンソーシアムとVodafone New Zealandの株式売買契約を締結したと案内している。

Vodafone Groupは間接的に所有する完全子会社でオランダのVodafone Europeを通じてVodafone New Zealandを所有しており、Vodafone EuropeはVodafone New Zealandの株式の100%を34億ニュージーランドドル(約2,454億4,770万円)でInfratilおよびBrookfield Asset Managementからなるコンソーシアムに売却する。

なお、取引の完了には規制当局による承認の取得が必要となっている。

Vodafone Groupは2020年3月31日に終了する1年間となるVodafone Groupの2020年会計年度中にVodafone New Zealandの売却を完了すると見込んでいる。

また、Vodafone GroupはVodafone New Zealandの売却が完了次第、資本関係を解消したVodafone New Zealandと新たな提携契約を締結する予定という。

新たな提携契約にはVodafoneブランドの使用、優先ローミング契約、Vodafone GroupのグローバルIoTプラットフォームへのアクセス、各種サービスや各種事業における提携などが含まれている。

Vodafone New Zealandは新たな提携契約の締結によって、Vodafone Groupと資本関係を解消後もVodafoneブランドを継続して利用できることになる。

Vodafone Group

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK