スポンサーリンク

豪州のTelstraが5Gサービスを商用化、大洋州初の5Gサービスに


豪州最大手の移動体通信事業者(MNO)であるTelstraは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

Telstraは2019年5月22日より5Gサービスの提供を開始している。

5Gサービスの提供エリアはオーストラリア首都特別地域キャンベラ、ビクトリア州メルボルン、ニューサウスウェールズ州シドニー、クイーンズランド州ブリスベン、ゴールドコースト、トゥーンバ、南オーストラリア州アデレード、西オーストラリア州パース、タスマニア州ホバート、ローンセストンの一部となる。

2019年6月30日までに整備する5Gサービスのエリアマップが公開されている。

なお、通信設備はスウェーデンのEricssonより調達している。

5Gサービスの対応端末としては最初に台湾のHTC (宏達国際電子)製のHTC 5G Hubを発売し、次に韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のSamsung Galaxy S10 5Gを発売する予定である。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を採用する。

NR方式にはNR方式が単独で動作するスタンドアローン(SA)と、LTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)が規定されているが、Telstraはノンスタンドアローンを採用している。

周波数はサブ6GHz帯の3.5GHz帯を使用しており、NR Bandはn78に該当する。

Telstraは豪州ではもちろんのこと、大洋州で最初に5Gサービスを商用化した移動体通信事業者となった。

Telstra

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK