スポンサーリンク

NTTドコモ、台湾の遠傳電信とドローンを用いた基地局点検プロジェクトを開始


NTT DOCOMOおよび台湾の移動体通信事業者(MNO)であるFar EasTone Telecommunications (遠傳電信:FET)はドローンを用いた基地局点検サービスの共同実証プロジェクトを開始したと発表した。

NTT DOCOMOはドローンを用いて通信鉄塔の点検作業を支援するサービスをdocomo sky for Tower Inspectionとして展開している。

docomo sky for Tower InspectionのサービスはNTT DOCOMOの商用ネットワークの基地局点検のために日本全国で展開しているドローン基地局点検システムをベースに開発しており、ドローンの自動飛行、自動撮影、撮影画像のリアルタイム送信などに対応し、点検者は即時に状況を確認できる。

台湾では2019年6月20日よりFar EasTone Telecommunicationsとdocomo sky for Tower Inspectionの共同実証プロジェクトを開始した。

台湾では点検者が基地局を1基ずつ目視で確認して故障箇所を特定することが一般的であるため、基地局点検にかかる人的コストが課題とされている。

そこで、docomo sky for Tower Inspectionのサービスを導入することで、点検作業の短縮化や安全性の向上など効率的な点検作業の実現が期待できる。

2019年6月20日にはFar EasTone Telecommunicationsが台湾の新竹市周辺で保有する基地局でdocomo sky for Tower Inspectionの導入実証を実施し、ドローンで撮影した映像を通じて基地局の破損や錆などの状況を確認したという。

点検者が基地局を1基ずつ目視する従来の方法と比較して、点検作業は3分の1ほどの作業時間の短縮化および安全性の向上を確認できたと説明している。

効率的で安全な基地局の点検作業を目指し、NTT DOCOMOとFar EasTone Telecommunicationsは引き続き台湾の基地局でdocomo sky for Tower Inspectionのサービスの効果検証を実施する方針である。

なお、NTT DOCOMOはFar EasTone Telecommunicationsに少数株主として資本参加しており、NTT DOCOMOによる持分比率は4.7%となっている。

NTT DOCOMO
Far EasTone Telecommunications

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK