スポンサーリンク

ミャンマーの携帯電話事業者各社、ビルマ語をUnicodeに統一


ミャンマー(ビルマ)の移動体通信事業者(MNO)各社は2019年10月1日より同国の公用語であるビルマ語の表記に使用するビルマ文字のフォントをUnicodeに統一すると告知した。

従来よりフォントはZawgyi-Oneが広く使われており、Unicodeはあまり使われていない。

移動体通信事業者各社が配信するSMSもZawgyi-Oneが使われるなど、ミャンマーのスマートフォンではZawgyi-Oneの使用が主流となっている。

徐々にUnicodeの使用も広がりつつあるが、キーボードの配列がUnicodeとZawgyi-Oneでは異なるため、これまでの慣れたキーボード配列を使いたいという思いからUnicodeへの移行はほとんど進んでいなかった。

しかし、ミャンマーの政府機関で電気通信分野などの規制を司る運輸・通信省(Ministry of Transport & Communications:MOTC)傘下の郵電局(Posts and Telecommunications Department:PTD)は電子政府の導入やオンラインの発展などを見据えて、フォントは国際的に広く使われるUnicodeへの統一が望ましいと判断し、Unicodeへの統一に向けた取り組みを積極的に実施している。

その一環で郵電局は移動体通信事業者各社に対してUnicodeへの統一を指示しており、郵電局の指示に従って移動体通信事業者各社は2019年10月1日からUnicodeのみを使用する。

これまで、移動体通信事業者各社はFacebookを筆頭にSNSの投稿などではUnicodeとZawgyi-Oneを併記してきたが、2019年10月1日から移動体通信事業者が発信するすべてのコンテンツはUnicodeのみとなる。

移動体通信事業者各社はUnicodeのフォントとキーボードをスマートフォンで利用できるよう準備を求めている。

ミャンマーの移動体通信事業者のうちTelenor Myanmarはミャンマー政府が推進するUnicodeへの統一を支援する方針を明確化した。

Telenor Myanmarの公式ウェブサイトには特設ページを開設しており、Unicodeに統一する背景の説明からスマートフォンでUnicodeを利用するための設定などを解説し、周知の徹底とUnicodeへの移行を促進している。

Telenor Myanmar

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK