スポンサーリンク

折り畳み式の高級スマホSamsung W20 5Gを準備中、Galaxy Fold 5Gがベースか


中国の移動体通信事業者(MNO)であるChina Telecom (中国電信)および韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)はスマートフォン「Samsung W20 5G」を準備していることが分かった。

China Telecomの完全子会社で携帯端末の小売事業を管轄する中国のTianyi Telecom Terminals (天翼電信終端)がWeibo (微博)を通じてSamsung W20 5Gの投入を予告している。

具体的な日程までは公表していないが、2019年11月にSamsung W20 5Gを発表する予定という。

Weiboではティザー画像も掲載しており、Samsung W20 5GはXinxitianxia (心系天下)のラインナップに属するスマートフォンとなることが明らかにされている。

ティザー画像では折り畳みも予告しており、折り畳み式のスマートフォンとなる見込み。

XinxitianxiaはTianyi Telecom TerminalsとSamsung Electronicsの中国法人であるSamsung (China) Investment (三星(中国)投資)が共同で展開するシリーズで、Xinxitianxiaの商標自体はTianyi Telecom Terminalsが保有する。

Xinxitianxiaのラインナップでは従来より折り畳み式の高級なスマートフォンを展開してきた。

ただ、これまではテンキーを搭載したフィーチャーフォンのようなフォームファクタを採用してきたが、Samsung W20 5Gは折り畳めるフォルダブルディスプレイを搭載したSamsung Galaxy Fold 5Gがベースとなる可能性がある。

すでにSamsung W20 5Gの型番と思われるSM-W2020が複数の認証機関に登場しており、Bluetooth SIGおよびWireless Power Consortium (WPC)の認証では製品名がGalaxy Foldと記載されている。

さらにBluetooth SIGの認証では韓国向けのSamsung Galaxy Fold 5Gと共通のBluetoothモジュールを採用することが分かっている。

なお、各認証機関で公開された情報から、OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用しており、Bluetooth 5.0、Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Qiに準拠した無線充電に対応することが判明している。

ティザー画像では新しいフォームファクタを示唆するほか、製品名が従来の規則から刷新されているため、XinxitianxiaのラインナップでSamsung Galaxy Fold 5Gをベースとしたスマートフォンを投入することは十分に想定できる。

Weibo – 天翼手机

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK