スポンサーリンク

ルーマニアのOrange Romaniaが5Gサービスを商用化


フランスのOrangeの子会社でルーマニアの移動体通信事業者(MNO)であるOrange Romaniaは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

2019年11月5日より5Gサービスの提供を開始している。

5Gサービスの開始当初はルーマニアの首都・ブカレスト、クルジュ=ナポカ、ヤシの3都市で5Gサービスを利用できる。

ほかの都市では2020年以降に5Gネットワークを整備する計画である。

5Gの通信方式はNR方式を採用し、NR方式とLTE方式が連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成で運用する。

周波数はFR1の3.5GHz帯を使用しており、NR Bandはn78となる。

通信速度は下り最大1.2Gbpsで、平均の下りの通信速度は600Mbps前後と案内している。

5Gサービスに対応した端末としては韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のSamsung Galaxy S10 5Gを取り扱う。

LTE方式を利用できるSIMカードであれば、SIMカードを交換せずに5Gサービスにアクセスできる。

なお、Orange RomaniaはOrangeの子会社で、Orangeによる持分比率は99.20%である。

Orangeは本社を置くフランスを含めた複数の国と地域に参入しており、OrangeおよびOrange傘下の移動体通信事業者を通じて事業を行うが、OrangeおよびOrange傘下の移動体通信事業者としてはOrange Romaniaが最初に5Gサービスを商用化した。

すでにルーマニアではVodafone RomaniaおよびRCS & RDSが5Gサービスを開始しており、Orange Romaniaはルーマニアで3番目に5Gサービスを導入したことになる。

Orange Romania

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK