スポンサーリンク

モトローラ・モビリティ、日本でmoto g8とmoto g8 powerの販売を開始


米国のMotorola Mobilityの日本法人であるMotorola Mobility Japanはスマートフォン「moto g8 (XT2045-6)」および「moto g8 power (XT2041-3)」を日本で発売した。

日本向けに発表した当初はmoto g8とmoto g8 powerいずれも2020年4月28日に発売すると案内していたが、発売の延期を経て2020年5月4日より販売を開始している。

moto g8およびmoto g8 powerはOSにAndroid 10を採用したスマートフォンである。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 665 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなる。

ディスプレイはmoto g8が約6.4インチHD+(720*1560)IPS液晶、moto g8 powerが約6.36インチFHD+(1080*2300)IPS液晶を搭載する。

カメラはmoto g8がリアにメインの約1600万画素CMOSイメージセンサ、広角レンズの約800万画素CMOSイメージセンサ、マクロ用の約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサ、moto g8 powerがリアにメインの約1600万画素CMOSイメージセンサ、広角レンズの約800万画素CMOSイメージセンサ、光学ズームに対応した望遠レンズの約800万画素CMOSイメージセンサ、マクロ用の約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるクアッドカメラ、フロントに約1600万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/ 1900(B2)/1800(B3)/ 1700(B4)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B28) MHz, LTE (TDD) 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応し、VoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはSIMロックフリーかつデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)、FMラジオに対応する。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリの利用を可能としており、microSDカードスロットを搭載している。

電池パックの容量はmoto g8が4000mAh、moto g8 powerが5000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

生体認証は指紋認証を利用できる。

カラーバリエーションはmoto g8とmoto g8 powerそれぞれ2色から選べる。

日本における定価はmoto g8が25,801円(税込)、moto g8 powerが32,800円(同)である。

Amazon.co.jpでは9%の割引が適用されているため、moto g8は23,455円(同)、moto g8 powerは29,818円(同)で購入できる。

ただ、入荷時期は販売チャネルや本体色によって異なる場合があるため、事前に確認することを推奨したい。

モトローラ公式オンラインストア
Amazon.co.jp – moto g8【日本正規代理店品】
Amazon.co.jp – moto g8 power【日本正規代理店品】

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK