スポンサーリンク

南アフリカのLiquid Telecomが5Gサービスを開始、卸売専業のMNO


南アフリカの移動体通信事業者(MNO)でLiquid Telecomとして展開するLiquid Telecommunications South Africaは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

Liquid Telecommunications South Africaは卸売専業の移動体通信事業者である。

南アフリカの移動体通信事業者であるVodacomが2002年5月4日よりLiquid Telecommunications South Africaのネットワークを使用して5Gサービスの提供を開始しており、これに伴いLiquid Telecommunications South Africaも正式に5Gサービスの提供を開始したことになる。

なお、Liquid Telecommunications South AfricaおよびVodacomは2019年12月にVodacomが南アフリカ全土で5Gネットワークの提供を受けることで合意していた。

5Gの通信方式はNR方式を採用しており、周波数はサブ6GHz帯の3.5GHz帯で、NR BandはFR1のn78となる。

3.5GHz帯は3456~3484MHzの28MHz幅と3556~3584MHzの28MHz幅、合計で56MHz幅を保有する。

ただ、今般の状況でデータ通信の需要の増大に伴い3.5GHz帯の4MHz幅の一時的な追加割当を受けており、3.5GHz帯で60MHz幅を使用することが可能である。

同様の理由でVodacomに対しては3.5GHz帯の50MHz幅が一時的に割当されており、Vodacomの5GサービスではVodacomが周波数の割当を受けて自ら整備する5GネットワークとLiquid Telecommunications South Africaより提供を受ける5Gネットワークの両方を使用する。

これまでに、アフリカでは南アフリカのRainが5Gサービスを商用化しているため、Liquid Telecommunications South AfricaおよびVodacomはアフリカで、南アフリカでも2番目に5Gサービスの提供を開始したことになる。

Liquid Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK