スポンサーリンク

クウェートのZainがレバノンから撤退、touchを電気通信省に移管



レバノンの政府機関で電気通信分野の規制を司る電気通信省(Ministry of Telecommunications:MoT)およびレバノンのMobile Telecommunications Company Lebanon (MTC) (以下、MTCL)はレバノンの移動体通信事業者(MNO)でtouchとして展開するMobile interim company no.2 (以下、MIC2)の管理権の移管を完了した。

2020年10月30日の正午(東欧州時間)までに管理権をMTCLから電気通信省に移管したという。

これまで、レバノンでは電気通信省と管理契約を締結したレバノン法人が国有の移動体通信事業者を管理する方式を採用していた。

MIC2は国有の移動体通信事業者で、MTCLはクウェートのMobile Telecommunications Company (以下、MTC)のレバノン法人であり、MTCはMTCLを通じてMIC2を管理してきたことになる。

MTCはZainのブランドをクウェートをはじめとして中東やアフリカの各国で展開しており、中東ではZainとして知名度が比較的高いため、touchのロゴにはManaged by Zainと併記されていた。

管理権は2019年12月31日に満期を迎えていたが、移管の手続きが完了するまでは継続して管理する必要があるため、2020年1月1日以降は電気通信省に移管することを前提として管理を継続してきた。

MTCLは2004年6月にMIC2の管理を開始しており、管理期間は2020年10月30日まで約16年5ヶ月に達し、レバノンの移動体通信事業者の管理期間としては歴代最長である。

MTCとしては管理権の移管の完了に伴いレバノンから撤退することになる。

なお、レバノンには2社の移動体通信事業者が存在しており、MIC2は加入件数を基準に最大手で、2020年6月30日時点で占有率は54%となっている。

2020年6月30日時点で加入件数は約240万件となった。

通信設備は中国のHuawei Technologies (華為技術)より調達しており、通信方式は第2世代移動通信システム(2G)のGSM方式、第3世代移動通信システム(3G)のW-CDMA方式、第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式を導入し、第5世代移動通信システム(5G)のNR方式の試験も開始していた。

レバノン全土の1,366ヶ所に基地局を設置しており、人口カバー率は98%に達している。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK