スポンサーリンク

楽天モバイルが5Gの高速化を順次実施中、RAN用ソフトウェアを更新



Rakuten Mobile (楽天モバイル)は第5世代移動通信システム(5G)の通信速度の高速化を順次実施していることが分かった。

Rakuten Mobileは2020年9月30日の15時30分より5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式に準拠した5Gサービスを商用化した。

5Gの通信速度は当初が下り最大870Mbps/上り最大110Mbpsで、2020年11月中に下り最大2.8Gbps/上り最大275Mbpsに高速化する予定と案内していた。

2020年11月以降に5Gの通信速度の高速化に関してRakuten Mobileより発表は行われていないが、Rakuten Mobileの広報部に確認すると2020年11月より5Gの通信速度の高速化を順次実施しているという。

無線アクセスネットワーク(RAN)用のソフトウェアを2020年11月より継続的に更新しており、それに伴い5Gの通信速度も順次向上している状況と説明を受けた。

無線アクセスネットワーク用のソフトウェアの更新が完了したエリアでは5Gの通信速度が下り最大2.8Gbps/上り最大275Mbpsとなる。

なお、5Gの通信速度はRakuten Mobileのネットワークにおける最大値で、高速化を実施前の下り最大870Mbps/上り最大110Mbpsはサブ6GHz帯の周波数で実現し、高速化を実施後の下り最大2.8Gbps/上り最大275Mbpsはミリ波(mmWave)の周波数で実現する。

Rakuten Mobileは総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)より5G向け周波数としてサブ6GHz帯では3.7GHz帯の100MHz幅、ミリ波では28GHz帯の400MHz幅が割当されている。

5Gではサブ6GHz帯は3.7GHz帯、ミリ波は28GHz帯の周波数を使用することになり、NR Bandは3.7GHz帯がFR1のn77、28GHz帯がFR2のn257となる。

Rakuten Mobileは5Gに対応したスマートフォンとしてSHARP製のAQUOS R5G (SH-RM14)および中国のZTE (中興通訊)製のRakuten BIG (ZR01)を販売しており、いずれもRakuten Mobileの公式ウェブサイトなどで購入できる。

AQUOS R5G (SH-RM14)はn77に対応しており、Rakuten BIG (ZR01)はn77とn257の両方に対応する。

Rakuten Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK