スポンサーリンク

モンゴルの携帯電話事業者Unitelが5Gトライアルを開始



モンゴルの移動体通信事業者(MNO)であるUnitelは第5世代移動通信システム(5G)のトライアルを開始したと発表した。

2022年8月15日よりモンゴルの首都・ウランバートル市に所在するスフバートル広場で5Gのトライアルを開始したという。

スフバートル広場では試験用の5Gの基地局を開設しており、商用で展開する5Gではないが、一般の加入者でも5Gの利用が可能である。

5Gのトライアルでは広い帯域幅を使用した5Gの高速通信を試すことができる。

通信速度は携帯端末によって異なるが、5Gでは第4世代移動通信システム(4G)の10倍から100倍に達するという。

ただ、2022年8月15日時点ではUnitelで5Gを利用できる携帯端末は限定的となることに留意しておきたい。

公式には中国のHuawei Technologies (華為技術)製のHUAWEI P40が唯一の対応機種となっている。

HUAWEI P40の場合はUnitelのSIMカードを利用時に5Gによる通信が有効となる。

UnitelはHuawei Technologies以外の携帯端末メーカーにもUnitelの5Gに対応するよう要求しているという。

試験用の5Gの基地局を開設する場所は段階的に拡大する計画であるが、時期や場所などの詳細な計画は公表していない。

5Gの無線方式はNR方式を採用している。

無線アクセスネットワーク(RAN)構成は4Gの無線方式であるLTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成で運用する。

UnitelはHuawei Technologiesより4Gの基地局を調達してモンゴル全土で4Gの構築および4Gの高度化を進めており、4Gと同様に5Gの基地局もHuawei Technologiesを採用したと考えられる。

また、Huawei Technologiesから5Gの基地局を調達したため、最初にHUAWEI P40がUnitelの5Gに対応したと思われる。

これまでに、モンゴルの移動体通信事業者は5Gを商用化しておらず、一般の加入者が利用できる5Gのトライアルを展開した実績もない。

モンゴルで初めて4Gを商用化した実績があるUnitelはモンゴルで初めて一般の加入者が利用できる5Gを展開することになった。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK