スポンサーリンク

北朝鮮・平壌で平壌ブランドのスマートフォンPyongyang2404 (평양2404)を購入


朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)を訪問し、首都の平壌で北朝鮮のChecom Technology Joint Venture Company (チェコム技術合営会社/체콤기술합영회사)が展開するスマートフォン「Pyongyang2404 (ピョンヤン2404/평양2404)」を購入した。

北朝鮮ではスマートフォンが急速に増えており、2013年後半以降はArirang (アリラン/아리랑)シリーズとPyongyang (ピョンヤン/평양)シリーズでスマートフォンを展開していることが分かっている。

Arirangシリーズは朝鮮語で아리랑、Pyongyangシリーズは朝鮮語で평양とロゴが入っていることが特徴的である。

前回の訪朝時はArirangシリーズのArirang AS1201 (アリランAS1201/아리랑AS1201)を購入していたため、今回の訪朝ではPyongyangシリーズを購入する計画を立てていた。

koryolink (高麗網/고려망/高麗リンク/コリョリンク/고려링크)ブランドを展開するCHEO Technology JV Company (逓オ技術合作会社/체오기술합작회사)の旗艦店であるkoryolink Sales & Customer Service Centerにおいて、CHEO Technology JV CompanyのプリペイドSIMカードとセットでPyongyang2404を購入した。

北朝鮮でスマートフォンを購入するための要領は前回の訪朝時に掴んでおり、円滑にスマートフォンを購入できたが、それだけに前回ほどの感動はなかった。

ハードウェアの製造は中国のZTE (中興通訊)で、ZTE V808をベースとするもののスペックの一部が変更されている。

また、北朝鮮で開発された複数のアプリケーションがプリインストールされており、その他の各種機能も北朝鮮向けに大きくカスタマイズされている。

モデル番号は言語設定に関係なく朝鮮語で평양2404と表示されており、少し新鮮に感じた。

OSのバージョンはAndroid 4.2.2 Jelly Bean Versionを採用している。

価格表には17,990北朝鮮ウォンと記載されていたが、伝票は12,950北朝鮮ウォンとなっており、尋ねてみると価格表には値下げが未反映とのことであった。

外国人は原則として北朝鮮ウォン(KPW)を使えず中国人民元(CNY)で支払ったため、12,950北朝鮮ウォンは購入時点のCentral Bank of the Democratic People’s Republic of Korea (朝鮮民主主義人民共和国中央銀行/조선민주주의인민공화국중앙은행)が公示する公定レートで約780人民元、直前の北京首都国際空港におけるTravelexのレートで日本円(JPY)に換算すると約16,700円となる。

Arirang AS1201と比べて大幅に安く設定されており、あまりの安さに驚いた。

北朝鮮ではPyongyangシリーズの低価格なスマートフォンの登場によってスマートフォンが急増している。

ベースとなるフィーチャーフォンが減少していることもあるが、低価格なスマートフォンはフィーチャーフォンとあまり変わらない価格で販売されており、北朝鮮でスマートフォンが急増する理由も納得できた。

約20万円分の現金を人民元で持ち込んでいたため10台くらい購入したかったが、端末単体の爆買いは無理とのことで断念した。

仮に端末単体の爆買いが許されても税関で面倒になることが予想できるため、必要以上の購入は避けるべきだろう。

税関つながりで付け加えておくと、前回の訪朝時と比べて税関が厳しくなっていたように感じた。

前回の訪朝時は入国時に携帯電話の台数を税関申告書に記載するだけでパソコンやカメラなどはチェックなしで通れたが、今回の訪朝では入国時に携帯電話の台数だけではなく機種名まで詳細に記録されており、またカメラの写真もチェックされた。

パソコンについては動画の有無を確認されたが、動画は保存しておらず、その旨を伝えれば問題なく通れた。

仮に動画を保存していれば、すべてチェックされることになるだろう。

特にK-POPなど南朝鮮(韓国)のコンテンツに対して神経質になっている模様で、それらが持ち込まれることがないようチェックしているようである。

このように税関におけるチェックが厳格化した影響か、指導員はスマートフォンの購入時にインボイスを受け取るよう指示してきた。

出国時にスマートフォンの保有台数が入国時より多いことを指摘された場合、インボイスを提示するように助言されたが、税関では特に指摘なくスムーズに出国できた。

スマートフォンは正規の方法で入手したため疚しいことはまったくないが、出国時は少し緊張してしまった。

正規ルートでArirangシリーズとPyongyangシリーズのスマートフォンを揃えられたことは非常に嬉しく感じる。

pyongyang2404_1

平壌で購入した평양2404

pyongyang2404_2

평양2404のリアにはPyongyangシリーズのロゴとして朝鮮語で평양とプリントされている

koryolink_09

モデル番号は평양2404と表示されている

arirang_pyongyang

自宅でPyongyang2404とArirang AS1201を並べてみた

北朝鮮でスマートフォンを購入することは2度目である程度の要領は掴んでいるが、各手続きなどをサポートしてくれたkoryolinkのスタッフや北朝鮮の指導員に感謝したい。

問い合わせなどがあれば、paopao0128[at]gmail.comまで気軽に連絡をいただければ幸いである。 ※ [at]は@に置き換え

その他、FacebookInstagramTwitterにおいても北朝鮮関連の情報や写真を公開しているので、気になれば目を通していただきたい。

■関連記事
平壌ブランドの北朝鮮スマートフォンPyongyang2404 動画レビュー

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK