スポンサーリンク

NTTドコモがフレキシブルディスプレイに対応したUI技術を開発


NTT DOCOMOは曲げることのできるディスプレイであるフレキシブルディスプレイを用いたロール型デバイスのコンセプトを考案し、伸縮するディスプレイの変化に合わせてコンテンツを最適化するUI技術を開発したことを発表した。

様々なコンテンツが伸縮するフレキシブルディスプレイにおいて、伸縮状況に応じて最適に表示されるUXを創出するUI技術という。

フレキシブルディスプレイがディスプレイメーカーから発表されており、これを受けてNTT DOCOMOはこれからフレキシブルディスプレイを活用したスマートフォンを見据えて、ディスプレイの一部をロール形状に巻き取ることでスマートフォンサイズからタブレットサイズまで任意のディスプレイサイズに筐体を伸縮できるロール型デバイスのコンセプトを考案したとのことである。

ロール型デバイスのコンセプトに基づき、ディスプレイの巻き取り量をセンシングすることで様々なコンテンツがディスプレイのサイズに応じて最適に表示される新たなUXを創出するためのUI技術を開発したとしている。

例えば、動画をスマートフォンサイズで視聴してより大画面で視聴したい場合は筐体を引き伸ばすことでディスプレイサイズが大きくなり、タブレットサイズの大画面で最適に表示するためスマートフォンサイズやタブレットサイズなど異なるディスプレイサイズにおける動画の視聴を一台の端末で楽しめるという。

なお、フレキシブルディスプレイに対応したUI技術の開発にあたり、フレキシブルディスプレイの提供はSemiconductor Energy Laboratory (半導体エネルギー研究所)が協力しているとのことである。

フレキシブルディスプレイに対応したUI技術は横須賀リサーチパーク(YRP)内のDOCOMO R&D Center (YRP)で2016年11月17日から2016年11月18日まで開催するDOCOMO R&D Open House 2016に出展するとしている。

NTT DOCOMO

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK