スポンサーリンク

日本向けGalaxy S8とGalaxy S8+のキャリア別カラバリが判明か


韓国のSamsung Electronicsはスマートフォン「Samsung Galaxy S8」および「Samsung Galaxy S8+」を日本向けに投入することが認証機関などの情報から分かっているが、日本向けに投入されると思われるカラーバリエーションも判明した。

Samsung Electronicsの日本向け公式ウェブサイトでは日本向けSamsung Galaxy S8とSamsung Galaxy S8+のSKUを確認できる。

日本向けSamsung Galaxy S8およびSamsung Galaxy S8+のSKU一覧は下記の通りである。

SM-G950DZKADCM
SM-G950DZVADCM
SM-G950JZKAKDI
SM-G950JZVAKDI
SM-G950JZBAKDI
SM-G955DZKADCM
SM-G955DZSADCM
SM-G955JZKAKDI
SM-G955JZSAKDI

SKUは型番―本体色―投入先で構成されており、先頭のSM-G950D、SM-G950J、SM-G955D、SM-G955Jが型番、中間のZKA、ZVA、ZSA、ZBAが本体色、末尾のDCMとKDIが投入先を示す。

SM-G950DはNTT DOCOMO向けのGalaxy S8 SC-02J、SM-G950JはKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (以下、au)向けのGalaxy S8 SCV36、SM-G955DはNTT DOCOMO向けのGalaxy S8+ SC-03J、SM-G955Jはau向けのGalaxy S8+ SCV35となることが分かっている。

なお、NTT DOCOMO向けは末尾の投入先がDCM、au向けはKDIとなる。

Samsung Galaxy S8とSamsung Galaxy S8+のカラーバリエーションとしてはグローバル向けにミッドナイトブラック、オーキッドグレイ、アークティックシルバー、コーラルブルー、メイプルゴールドの5色が発表されているが、ZKAはミッドナイトブラック、ZVAはオーキッドグレイ、ZSAがアークティックシルバー、ZBAがコーラルブルーに該当する。

したがって、少なくともGalaxy S8 SC-02Jはミッドナイトブラックとオーキッドグレイ、Galaxy S8 SCV36はミッドナイトブラック、オーキッドグレイ、コーラルブルー、Galaxy S8+ SC-03JおよびGalaxy S8+ SCV35はミッドナイトブラックとアークティックシルバーが用意されると考えられる。

ほかの本体色も用意される可能性はあるが、少なくともSKUが用意された本体色は確実に発表されると思われる。

―追記 05/08/2017 12:10 (JST)

Galaxy S8 SC-02Jにもコーラルブルーと思われるSKUが登場した。

詳細は関連記事を参照されたい。

smg950-japan
smg955-japan
galaxys8_5c
Galaxy Mobile Japan

■関連記事
NTTドコモ向けGalaxy S8 SC-02Jのコーラルブルーと思われるSKUが登場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK