スポンサーリンク

HUAWEI WATCH 2となるHUAWEI LEO-BX9が技適通過


総務省の技術基準適合証明または工事設計認証を2017年2月後半から2017年3月後半に通過した端末が公示された。

Huawei Technologies (華為技術)製の腕時計型ウェアラブルデバイス「HUAWEI LEO-BX9」が2017年3月14日付けで認証技術支援センターを通過したことが分かった。

工事設計認証番号は018-170045。

モバイルネットワークでは認証を受けておらず、Bluetoothや無線LANの周波数で通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応し、2.4GHz帯のみ利用できる。

HUAWEI LEO-BX9はHUAWEI WATCH 2の型番(モデル番号)のひとつに該当する。

HUAWEI WATCH 2には複数のバリエーションが用意されており、HUAWEI LEO-BX9はモバイルネットワークに非対応のnon-4G版となる。

日本の認証機関を通過したため、日本での発売に向けて準備を進めていると思われる。

すでにHuawei Technologiesの日本法人であるHuawei Technologies Japan (華為技術日本)はティザー画像を通じてHUAWEI WATCH 2の発表を示唆しており、日本で発売されるHUAWEI WATCH 2はnon-4G版となる見通し。

watch2
総務省 電波利用ホームページ

■関連記事
日本にHUAWEI P10・HUAWEI P10 Plus・HUAWEI P10 lite・HUAWEI WATCH 2を投入へ、ティザー画像を公開

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK