スポンサーリンク

台湾における5月のスマホ販売ランキングが判明、Galaxy S8+が好調


taipei 台湾における2017年5月の携帯電話の販売状況が判明した。 2017年5月は販売台数が60万4,000台となり、前年同期から3万7,000台の減少、前月から6万1,000台の増加となった。 メーカーおよびブランド別の販売台数ランキングは1位が韓国のSamsung Electronics、2位が米国のApple、3位が台湾のASUSTeK Computer (華碩電脳)、4位が台湾のHTC (宏達国際電子)、5位が日本のSony Mobi ...- more -

タイ―中国高速鉄道計画に900MHz帯を割当へ、GSM-Rの導入を想定


nbtc タイの政府機関で電気通信事業などを管轄するNational Broadcasting Telecommunications Commission (以下、NBTC)はタイ―中国高速鉄道計画に900MHz帯の5MHz幅*2を割り当てる方針を示したことがタイメディアの報道で分かった。 NBTCがタイ―中国高速鉄道計画に割り当てる周波数は885.0~890.0 MHzおよび930.0~935.0 MHzの5MHz幅*2となる。 タイ―中国高速 ...- more -

マカオの携帯電話事業者CTMがFDD-LTEとTD-LTEを合わせた3CC CAを導入


ctm02 マカオ特別行政区の移動体通信事業者であるCompanhia de Telecomunicacoes de Macau (澳門電訊:以下、CTM)はCTM 4G+として提供するLTEサービスにおいて、FDD-LTE方式とTD-LTE方式を組み合わせたキャリアアグリゲーション(CA)を導入したことを発表した。 CAの組み合わせはCA_3A-7A-40Aの3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)となり、FDD-LT ...- more -

中国移動が256QAMと4×4 MIMOの導入を準備、下り700Mbps超を実現


cmcc 中国の移動体通信事業者であるChina Mobile Communications (中国移動通信:CMCC)の浙江省支社であるZhejiang Mobile (浙江移動)は米国のQualcommの中国法人であるQualcomm Wireless Communication Technologies (China) (高通無線通信技術(中国))と協力して商用ネットワークと商用端末を用いて256QAMおよび4×4 MIMOのフィールドテス ...- more -

台湾大手3社のGSM利用件数は13万件弱に、中華電信も10万件を下回る


taiwan2g 台湾の政府機関で電気通信分野を管轄する国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)はGSM方式による2Gサービスの利用件数を公表した。 台湾ではChunghwa Telecom (中華電信)、Taiwan Mobile (台湾大哥大)、Far EasTone Telecommunications (遠傳電信)、Asia Pacific Telecom (亞太電信)の4社が2Gサービス ...- more -

台湾の中華電信が4CC CAと256QAMを導入、下り最大548Mbpsに高速化へ


cht_chunghwa_telecom 台湾の移動体通信事業者であるChunghwa Telecom (中華電信)は2017年7月末にキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した4コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(4CC CA)を導入すると発表した。 4CC CAの組み合わせはCA_3A-3A-7A-7Aとなり、FDD-LTE方式の1.8GHz帯(Band 3)が隣接しない15MHz幅と10MHz幅、2.6GHz帯(Band 7)が隣接しない20MHz幅と1 ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK