スポンサーリンク

香港で4社に5G向け3.5GHz帯を割当、最大は中國移動香港


香港特別行政区の政府機関で電気通信分野の規制を司る通訊事務管理局(Communications Authority)は第5世代移動通信システム(5G)向け3.5GHz帯の周波数オークションを終了した。 周波数オークションの開催に先立ち、China Mobile Hong Kong (中國移動香港:CMHK)、Hong Kong Telecommunications (HKT)、Hutchison Telephone (和記電話)、Sma ...- more -

MillicomがパナマのMovistar Panamaの買収を完了


ルクセンブルクのMillicom International Cellular (MIC)はスペインのTelefonicaよりパナマの移動体通信事業者(MNO)であるTelefonica Moviles Panamaの買収を完了したと発表した。 TelefonicaはTelefonica Moviles Panamaの株式の60%を保有していたが、Millicom International CellularはTelefonicaの持分 ...- more -

レバノンの携帯電話事業者touchが5G基地局を開設


レバノンの移動体通信事業者(MNO)であるMobile Interim Company 2 (MIC2)は第5世代移動通信システム(5G)基地局を開設したと発表した。 レバノンの首都・ベイルートに位置するMobile Interim Company 2の本社で5G基地局を開設したという。 商用の5G基地局を使用して商用と同等の5Gネットワークを商用環境で構築している。 レバノンの移動体通信事業者としては商用と同等の5Gネットワークを商用 ...- more -

タジキスタンのTacomがブランド名をBeelineからZET-MOBILEに変更


タジキスタンの移動体通信事業者(MNO)であるTacomはブランド名を変更したことが分かった。 Tacomは長らくBeelineブランドで展開してきたが、新たにZET-MOBILEブランドに変更した。 ブランド名の変更はオランダに本社機能を置く英領バミューダ諸島のVEONとの資本関係の解消に伴う措置である。 Tacomは長らくVEONの子会社で、VEONによる持分比率は98%となっていた。 それと同時にTacomはVEONが保有するBe ...- more -

台湾における2019年8月のスマホ販売シェアが判明


台湾における2019年8月のスマートフォンを含めた携帯電話の販売動向に関する調査結果が公開された。 メーカーおよびブランド別で販売台数と売上高の順位や占有率がそれぞれ明らかにされている。 販売台数では1位が米国のAppleで25.8%、2位が韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)で23.7%、3位が中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)で1 ...- more -

サウジアラビアのZain KSAが5Gサービスを開始


サウジアラビアの移動体通信事業者(MNO)でZainブランドを展開するMobile Telecommunication Company Saudi Arabiaは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。 2019年10月5日より5Gサービスの提供を開始している。 固定通信用途で5Gサービスを提供しており、対応端末としては中国のHuawei Technologies (華為技術)製の据置型無線LANルータである5G CPE (H11 ...- more -

豪州のTelstra、2024年6月に3Gサービスを終了


豪州最大手の移動体通信事業者(MNO)であるTelstraは第3世代移動通信システム(3G)を2024年6月に終了すると発表した。 Telstraは2006年にNextGとしてW-CDMA方式で3Gサービスを開始したが、2024年6月に終了する計画である。 3Gサービスからの移行のための時間を十分に確保するため4年以上も前に3Gサービスの終了を告知したと説明している。 Telstraは継続的に同社のネットワークを最新技術にアップグレード ...- more -

ロシア大統領、RostelecomのTele2 Russia完全子会社化を承認


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は同国のRostelecomによる同国のT2 RTK Holdingの完全子会社化を承認したことが分かった。 ウラジーミル・プーチン大統領は2019年10月3日付けでRostelecomによるT2 RTK Holdingの完全子会社化を承認する文書に署名した。 これにより、文書が発効してRostelecomはT2 RTK Holdingを完全子会社化できることになる。 文書にはRostelecomおよ ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK