スポンサーリンク

台湾の南亞科技がZTEへのDRAM輸出を中断、台湾当局より許可を取得へ


台湾のNanya Technology (南亞科技)は中国のZTE (中興通訊)に対するDRAMの輸出を一時的に中断することが台湾メディアの報道で分かった。

Nanya TechnologyはZTEにDRAMを供給しているが、台湾の政府機関である経済部(Ministry of Economic Affairs:MOEA)傘下の国際貿易局(Bureau of Foreign Trade)よりZTEへの輸出には国際貿易局の許可を取得するよう指示を受けたという。

したがって、Nanya Technologyは国際貿易局より許可を得るまでZTEに対するDRAMの輸出を中断することになる。

米国の政府機関である商務省(Department of Commerce:DOC)傘下の産業安全保障局(Bureau of Industry and Security:BIS)はZTEおよび同社の完全子会社で中国のZTE Kangxun Telecommunications (深圳市中興康訊電子)をDenied Persons List (DPL)に指定しており、産業安全保障局の措置を受けて国際貿易局はZTEおよびZTE Kangxun Telecommunicationsへの輸出を許可制とした。

そのため、台湾企業がZTEおよびZTE Kangxun Telecommunicationsへ輸出するためには国際貿易局より許可を受ける必要がある。

Nanya Technologyは供給先が多くDRAMの需要が高いことから、DRAMの供給が追いついていない状況で、ZTEとの取引中断に伴う影響はないという。

聯合新聞網

■関連記事
米国政府、ZTEを米国企業と取引禁止に指定
台湾当局、台湾企業によるZTEへの輸出を制限

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK