スポンサーリンク

世界初の5G国際ローミングを開始、韓国・スイス・フィンランドで


韓国の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecom、スイスの移動体通信事業者であるSwisscom (Switzerland)、フィンランドの移動体通信事業者であるElisaは国際ローミングで第5世代移動通信システム(5G)を提供すると発表した。

SK Telecomが2019年7月17日の0時に開始するのを皮切りに、Swisscom (Switzerland)やElisaも各国の現地時間の2019年7月17日の0時より5G国際ローミングの提供を開始する。

5G国際ローミングの対象となる国と移動体通信事業者はSK TelecomがスイスでSwisscom (Switzerland)のみ、Swisscom (Switzerland)が韓国でSK TelecomとフィンランドでElisa、ElisaがスイスでSwisscom (Switzerland)のみである。

これまでに、5G国際ローミングの提供を開始した移動体通信事業者はなく、時差を無視すると2019年7月17日に5G国際ローミングを商用化するSK Telecom、Swisscom (Switzerland)、Elisaが世界で最初に5G国際ローミングを提供する移動体通信事業者となる。

SK Telecomは2019年4月5日にアジアおよび韓国で初めて、Swisscom (Switzerland)は2019年5月1日に欧州およびスイスで初めて、Elisaは2019年7月11日にフィンランドで初めて5Gサービスを商用化した。

いずれも5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式で、NR方式とLTE方式が連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)を採用している。

周波数はサブ6GHz帯の3.5GHz帯で、いずれもNR Bandはn78で共通である。

SK Telecomの加入者がスイスで5G国際ローミングを利用する場合、SK Telecomから発売されたSamsung Galaxy S10 5GまたはLG V50 ThinQ 5Gが公式な対応機種となっている。

Samsung Galaxy S10 5Gは2019年7月17日より配信を開始したソフトウェアのアップデートを適用すれば5G国際ローミングに対応する。

LG V50 ThinQ 5Gは将来的に実施するソフトウェアのアップデートを適用すれば5G国際ローミングに対応する予定で、ソフトウェアのアップデートする具体的な時期は案内しておらず、2019年7月17日の時点では5G国際ローミングを使えない。

したがって、SK Telecomが販売したスマートフォンとしては2019年7月17日の時点でSamsung Galaxy S10 5Gのみ5G国際ローミングを利用できる。

SK Telecom
Swisscom (Switzerland)
Elisa

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK