スポンサーリンク

NTTドコモ向けSC-01Mがベンチマークに登場、Galaxy Note10か


NTT DOCOMO向けの韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のスマートフォン「SC-01M」がGeekbench Browserの測定結果に登場した。

ベンチマークの測定結果からSC-01Mのスペックの一部が判明している。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用している。

Motherboardの項目はmsmnileと記載されているため、チップセットはQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformを搭載すると思われる。

Memoryの項目は7468MBとなっており、システムメモリの容量は8GBと考えられる。

なお、ベンチマークスコアはSingle-Core Scoreが3378、Multi-Core Scoreが11195となっている。

SC-01Mは未発表端末の型番となる。

型番規則からNTT DOCOMO向けであることは確実で、2019年秋冬商戦向けに投入されると推測できる。

チップセットがQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platform、システムメモリの容量が8GBとなる模様で、NTT DOCOMOより未発表かつスペックが一致するスマートフォンとしてSamsung Galaxy Note10が挙げられる。

そのため、SC-01MはNTT DOCOMO向けのSamsung Galaxy Note10となる可能性がある。

参考までに、Samsung Galaxy Note10+ならばシステムメモリの容量は12GBとなる。

これまで、NTT DOCOMOは一部の機種を除いてSamsung Galaxy Noteシリーズのスマートフォンを取り扱ってきているため、Samsung Galaxy Note10シリーズを取り扱う可能性は高いと考えている。

追記:2019年8月31日

SC-01Mはシステムメモリの容量からSamsung Galaxy Note10と推測したが、公的機関の認証によってSC-01MはSamsung Galaxy Note10+であることが確定した。

NTTドコモとauがGalaxy Note10+を発売へ、SC-01MとSCV45はハード共通化


Geekbench Browser

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK