スポンサーリンク

台湾の5G向け周波数が確定、2770MHz幅を割当


台湾の独立政府機関で電気通信分野の規制を担う国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)は第5世代移動通信システム(5G)向けの周波数を割当する周波数オークションに参加するための申請の受け付けを開始した。

2019年9月4日より申請の受け付けを開始しており、2019年10月3日に申請の受け付けを終了する予定である。

対象の周波数は1.8GHz帯、3.5GHz帯、28GHz帯となることが決まっている。

国家通訊伝播委員会は第1回目の5G向け周波数オークションと位置付けているが、1.8GHz帯は第4世代移動通信システム(4G)向けで未割当の周波数となるため、実際には3.5GHz帯および28GHz帯が5G向けの周波数となる。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)が5Gの要求条件を満たすために規定したNR方式を導入する見込みで、3.5GHz帯は米国を除いてNR方式の導入初期は世界的に主流の周波数であり、28GHz帯はミリ波(mmWave)の周波数としては世界的に主流の周波数となる見通し。

3.5GHz帯は3300MHzから3570MHzのTDDで270MHz幅が対象となり、ブロックはF1からF27まで10MHz幅ずつ27ブロックを用意している。

28GHz帯は27000MHzから29500MHzのTDDで2500MHz幅が対象となり、ブロックはG1からG25まで100MHz幅ずつ25ブロックとなる。

3.5GHz帯と28GHz帯の合計で2770MHz幅を5G向けに割当する。

1者あたりの取得できる最大の帯域幅が設定されており、3.5GHz帯は100MHz幅まで、28GHz帯は800MHz幅までと規定されている。

そのため、1者あたり3.5GHz帯は10ブロックまで、28GHz帯は8ブロックまで取得できることになる。

NR Bandは全範囲が3.5GHz帯がn77またはn78、28GHz帯は全範囲がn257、27000MHzから27500MHzのみn258も導入できる。

世界的には3.5GHz帯はn78が主流であり、28GHz帯はn257が主流となる見込みで、またn258は一部の範囲に限られることから、3.5GHz帯はn78、28GHz帯はn257を採用すると思われる。

国家通訊伝播委員会

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK