スポンサーリンク

ワイモバイル、Android One S8 (S8-KC)を発表



SoftBankおよびWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)はKYOCERA (京セラ)製のLTE/W-CDMA/GSM端末「Android One S8 (S8-KC)」を発表した。

Y!mobileブランドのラインナップで展開するスマートフォンである。

OSにはAndroid 11を採用している。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio P65 (MT6768)を搭載する。

CPUはオクタコアで、動作周波数は最大2.0GHzとなっている。

ディスプレイは約6.26インチFHD+(1080*2280)液晶である。

カメラはリアに約1600万画素CMOSイメージセンサと約800万画素CMOSイメージセンサで構成されるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE (FDD) 2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/ 1700(B4)/900(B8)/700(B28) MHz, LTE (TDD) 2500(B41/AXGP) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII) MHz, GSM 1900/1800/900 MHzに対応している。

SoftBankのネットワークでは通信速度が下り最大112.5Mbps/上り最大46Mbpsとなる。

LTE方式で音声通話を行う高音質なVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

Bluetooth 5.1、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCおよびおサイフケータイにも対応する。

地上デジタルテレビ放送は視聴できない。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリの利用を可能としており、microSDカードスロットを備える。

IPX5やIPX8に準拠した防水性能およびIP6Xに準拠した防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Hに準拠した耐衝撃性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は4100mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

生体認証は顔認証を利用できる。

カラーバリエーションはホワイト、ペールブルー、ブラックの3色展開となる。

企画から設計、開発、試験、製造、アフターサービスまでを日本国内で行う。

2020年12月中旬以降に発売する予定である。


Y!mobileオンラインストア

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK