スポンサーリンク

中国における2017Q3のスマホ出荷シェアが判明、OPPOが1位復帰も上位3社は僅差


oppo16

香港特別行政区の調査会社であるCounterpoint Technology Market Researchは中国における2017年第3四半期のスマートフォン出荷台数に関する調査結果を発表した。

スマートフォンの出荷台数は前年同期比1%減を記録したという。

メーカーおよびブランド別の占有率も判明している。

1位は中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)で、占有率は前年同期の16.5%から18.9%に上昇した。

2017年第2四半期は中国のHuawei Technologies (華為技術)に1位を奪われたが、2017年第3四半期は再び1位に返り咲いた。

OPPO R11などの好調が続いたという。

2位はHuawei Technologiesと中国のVivo Mobile Communication (維沃移動通信)で、占有率は18.6%となった。

Huawei TechnologiesとVivo Mobile Communicaionの占有率はそれぞれ前年同期の14.9%、16.1%から上昇した。

Vivo Mobile CommunicaionはVivo X9sVivo X9s Plusの好調に支えられたと思われる。

4位は中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)である。

占有率は前年同期の10.3%から13.8%に上昇している。

Xiaomi Mi 6Xiaomi Redmi 4XおよびXiaomi Redmi Note 4Xの需要に支えられて強力な回復を見せたが、依然としてエントリークラスのスマートフォンの比率が高く、Xiaomi Mi MIX 2でブランドエクイティを構築し、Mi Home (小米之家)の拡大でオフライン展開の強化が期待される。

5位は米国のAppleで、占有率は前年同期の8.5%から10.0%に上昇した。

Apple iPhone 8Apple iPhone 8 Plusを発売したほか、旧機種にも一定の需要があった模様である。

韓国のSamsung Electronicsはまたしてもトップ5に入らなかった。

上位3社のみで5割以上を占め、上位5社のみで8割近くを占めることになる。

また、上位3社はいずれも18%台後半と僅差の状況にある。

r11-1
Counterpoint

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK