スポンサーリンク

NTTドコモがPLAY 5Gを9月30日に終了、5G技術が未来から現在に


NTT DOCOMOは東京都墨田区に所在する東京ソラマチで運営している未来体験空間のPLAY 5Gを終了すると発表した。 2020年9月30日をもってPLAY 5Gの運営を終了するという。 PLAY 5Gの運営は2018年4月20日より開始しており、2019年7月22日には全面的なリニューアルも実施していた。 約2年半にわたり累計で約36万人が来場したことが明らかにされている。 NTT DOCOMOは2020年3月25日に第5世代移動通 ...- more -

5G対応モバイルWi-FiルータVerizon MiFi M2100 5G UWを発表


米国の移動体通信事業者(MNO)でVerizon Wirelessとして展開するCellco Partnershipおよび米国のInseegoはNR/LTE/W-CDMA端末「Verizon MiFi M2100 5G UW」を発表した。 第5世代移動通信システム(5G)に対応したモバイル無線LANルータである。 OSにはMiFi OS2を採用する。 通信モデムはQualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF S ...- more -

JTOWERがSA構成のローカル5G実験試験局免許を申請、IMSIも取得へ


JTOWERは総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の関東総合通信局に対してサブ6GHz帯の周波数を使用したローカル5Gの実験試験局免許を2020年9月10日付けで申請したと発表した。 ローカル5Gは企業や自治体などが特定のエリアに限定して自ら構築および運用できる第5世代移動通信システム(5G)である。 総務省は先行してミリ波(mmWave)の28GHz帯の周波数 ...- more -

5GモバイルWi-Fiルータ開発のInseegoが日本法人を設立


米国のInseegoは日本法人を設立したことが分かった。 国税庁(National Tax Agency:NTA)が運営する法人番号公表サイトを参照すると、2020年9月10日付けでInseego Japanが法人番号の指定を受けている。 正式な商号はInseego Japan株式会社である。 また、フリガナはインシィーゴジャパンとなり、本店または主たる事務所の所在地としては東京都港区東麻布の建物が記載されている。 社名から判断すると、 ...- more -

日本向けにミリ波の5Gに対応したInseego 5G MiFi M2000の販売を検討か


米国のInseegoはモバイル無線LANルータ「Inseego 5G MiFi M2000」を日本向けに販売することを検討している可能性が浮上した。 Inseego 5G MiFi M2000の発表に伴い仕様表を公開しており、対応する言語として英語、フランス語、ドイツ語、日本語、ノルウェー語、スペイン語が記載されている。 また、認証の項目にはFCC、IC、RCM、CE、GCF、MIC、PTCRB、CRA Type Approvalと記載 ...- more -

Snapdragon 439を搭載したvivo Y12iを発表


中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)はLTE/W-CDMA/GSM端末「vivo Y12i」を発表した。 大容量電池を搭載したエントリークラスのスマートフォンである。 OSにはAndroid 9 Pie VersionをベースとしたFuntouch OS 9.1を採用する。 チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 439 Mobile Platformを搭載している。 ...- more -








  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月   10月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK