スポンサーリンク

楽天モバイルのMNOサービス商用化から1周年、3ヶ月無料の新キャンペーンを開始



Rakuten Mobile (楽天モバイル)は2020年4月8日に移動体通信事業者(MNO)として携帯通信サービスを商用化してから2021年4月8日で1周年を迎えた。

累計の申し込み数を公表しており、移動体通信事業者として提供する携帯通信サービスは2021年4月8日時点で390万回線を超え、仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯通信サービスも合計すると450万回線に達するという。

また、Rakuten Mobileはより多くの顧客がRakuten Mobileの携帯通信サービスを試して継続的に利用できるよう料金プランの月額料金が3ヶ月間にわたり無料となる新たなキャンペーンを展開する。

新たなキャンペーンは2021年4月8日より展開を開始しており、終了日は2021年4月8日時点では未定で、適用には複数の条件が設定されている。

新規契約、番号ポータビリティ(MNP)、Rakuten Mobileが仮想移動体通信事業者として提供するドコモ回線またはau回線からプラン変更のいずれかの方法で初めてRakuten UN-LIMIT VIの申し込みを行う楽天会員が適用の対象となり、開通日から3ヶ月間にわたり月額料金が無料となる。

初めてRakuten UN-LIMIT VIの申し込みを行う場合に限り適用できるほか、過去に料金プランの月額料金が1年間にわたり無料となるキャンペーンを適用した場合は適用の対象外となることを留意しておきたい。

Rakuten UN-LIMIT VIはRakuten Mobileが移動体通信事業者として提供する唯一の料金プランで、データ通信量に応じて月額料金が変動する段階制を採用している。

具体的には1回線目の場合はデータ通信量が1GB以下で0円、1GBを超え3GB以下で1,078円、3GBを超え20GB以下で2,178円、20GBを超過後は3,278円、2回線目から5回線目の場合は3GB以下で1,078円、3GBを超え20GB以下で2,178円、20GBを超過後は3,278円となるため、キャンペーンの適用を終了後も1回線目でデータ通信量が1GB以下であれば0円となる。

データ通信量はRakuten Mobileが整備した楽天回線とパートナー回線(国内/海外)の両方が集計の対象である。

パートナー回線(国内)ではデータ通信量が5GBを超えた場合は当月末まで通信速度が最大1Mbps、パートナー回線(海外)ではデータ通信量が2GBを超えた場合は当月末まで通信速度が128kbpsに制限されるが、通信速度の制限は1GBあたり550円で解除できる。

音声通話はRakuten Linkを利用した国内通話が無料で、Rakuten Linkを利用しない国内通話が30秒あたり22円に設定されている。

契約事務手数料、SIMカード再発行手数料、eSIM再設定手数料、SIM交換手数料、MNP転出手数料、契約解除料はいずれも0円となっている。

表記の金額はすべて税込である。

楽天回線では第4世代移動通信システム(4G)に加えて高速な通信を実現する第5世代移動通信システム(5G)にも対応する。

その他の料金プランおよびキャンペーンに関する詳細はRakuten Mobileの公式ウェブサイトで確認できる。

Rakuten Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK