スポンサーリンク

中国の2014年第3四半期における携帯電話シェアでXiaomiがトップに


米国の調査会社であるStrategy Analyticsは2014年第3四半期の中国におけるスマートフォンの出荷台数を調査し、韓国メディアがそれを引用して伝えている。

中国におけるスマートフォンやフィーチャーフォンを含めた携帯電話の出荷台数で、2014年第3四半期は中国のXiaomi Technology(小米科技)がシェアを15.4%として首位を獲得した。

韓国のSamsung ElectronicsはXiaomi Technologyに次ぐ13.5%となっている。

また、スマートフォンだけで集計すると、Xiaomi Technologyは16.2%で首位としており、Samsung Electronicsは13.3%となっている。

Xiaomi TechnologyはXiaomi MiシリーズやXiaomi Redmiシリーズなどスマートフォンのみを販売しており、フィーチャーフォンは投入していない。

そのため、Samsung Electronicsのスマートフォンとフィーチャーフォンを合わせた携帯電話の出荷台数よりXiaomi Technologyのスマートフォンのみの出荷台数の方が多いことになる。

Samsung Electronicsは中国におけるスマートフォンのシェアが2013年第3四半期は21.6%であったが、2014年第1四半期には19%、2014年第2四半期には14.3%としており、四半期毎にシェアを落としている。

なお、米国のAppleはシェアを4.7%としており、Appleも苦戦を強いられている。

Xiaomi Technologyを含めた中国メーカーが出荷台数を伸ばしていることが要因と見られる。

韓国メディアはSamsung Electronicsが中国市場におけるシェアで2桁を維持するのが難しくなるのではとの見方を示している。

スポーツソウル

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK