スポンサーリンク

ソフトバンクが品川エリアで4.5GHz帯の実験試験局免許を取得


SoftBankは第5世代移動通信システム(5G)向け候補周波数帯のひとつである4.5GHz帯の実験試験局免許を取得したと発表した。 Nokia Solutions and Networks Japanと協力して東京都港区の品川エリアで5Gの実証実験を実施するという。 実験試験局免許の概要については、周波数帯が4.5GHz帯、帯域幅が100MHz幅、基地局数が2局となっている。 2018年4月より5Gの商用サービスを想定した実証実験を実 ...- more -

SoftBank向け未発表端末の認証機関通過状況


~SoftBank向け未発表端末の認証機関通過状況~ 2018年4月1日現在におけるSoftBankブランドおよびY!mobileブランドを含めたSoftBank向けの未発表端末の認証機関通過情報である。 製品化されない試作端末が含まれる場合があるため、注意しておきたい。 また、ここでは認証より判明した情報のみを記載しており、記載していない周波数や機能などが非対応になるとは限らない。 凡例 ■メーカー名 ○型番 (メーカー型番/コードネ ...- more -

ワイモバイル、PHSの新規受付や機種変更を3月31日に終了


SoftBankおよびWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)はY!mobileブランドで提供しているPHS向けの料金プランについて、2017年4月20日に発表した通りに2018年3月31日をもって新規受付および変更受付を終了する。 2018年3月31日をもって新規受付および変更受付を終了する料金プランはPHS向けに提供しているケータイプラン、ケータイベーシックプラン、迷惑電話チェッカー専用プラン、パス専用プラン、新つなぎ放題 ...- more -

ソフトバンク、ハイチとタンザニアでLTE国際ローミングを開始


SoftBankはLTE国際ローミングを提供する対象の国と地域を拡大すると発表した。 2018年3月20日よりハイチで、2018年3月22日よりタンザニアでLTE国際ローミングの提供を開始している。 対象の移動体通信事業者(MNO)はハイチがDigicelブランドのUnigestion Holding、タンザニアがVodacom Tanzaniaとなる。 これにより、SoftBankの顧客は115の国と地域でLTE国際ローミングを利用で ...- more -

携帯電話事業者各社が東北新幹線と北陸新幹線のトンネル内でエリア拡大

NTT DOCOMO、KDDI、SoftBankは2018年3月31日より東北新幹線および北陸新幹線のトンネル内で携帯電話サービスの提供エリアを拡大すると発表した。 2018年3月31日の始発列車より東北新幹線の二戸駅から八戸駅(手前)間および北陸新幹線の安中榛名駅から上田駅(手前)間において携帯電話サービスの提供を開始する。 なお、トンネル長は二戸駅から八戸駅(手前)間が合計約9.2km、安中榛名駅から上田駅(手前)間が合計約38.1 ...- more -

SoftBank向け未発表端末の認証機関通過状況


~SoftBank向け未発表端末の認証機関通過状況~ 2018年3月25日現在におけるSoftBankブランドおよびY!mobileブランドを含めたSoftBank向けの未発表端末の認証機関通過情報である。 製品化されない試作端末が含まれる場合があるため、注意しておきたい。 また、ここでは認証より判明した情報のみを記載しており、記載していない周波数や機能などが非対応になるとは限らない。 凡例 ■メーカー名 ○型番 (メーカー型番/コード ...- more -

LINEモバイルとソフトバンクが資本・業務提携を締結、ソフトバンク回線のサービスを開始へ


SoftBank、LINE、LINEの連結子会社であるLINE MOBILEは、LINE MOBILEが仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開するLINE MOBILEのさらなる成長を目的とする資本提携および業務提携を2018年3月20日付けで締結したと発表した。 提携内容はLIME MOBILEが実施する第三者割当増資をSoftBankが引き受ける資本提携およびMVNO事業を推進する業務提携である。 LINE MOBILEの第三者 ...- more -

SoftBankが建設現場で作業効率化に向けた5Gの共同実験を実施


SoftBankはTAISEI CORPORATION (大成建設)と共同で第5世代移動通信システム(5G)を活用した建設機械の遠隔操作などの共同実験を実施したと発表した。 5Gの共同実験は2018年1月に実施しており、建設現場における省人化と遠隔操作による作業効率化を目的とする。 遠隔で建設機械の制御や安全監視などをリアルタイムで実施するために、5Gの実験環境を構築して建設機械の制御信号と車載カメラ映像のデータ伝送を実施したとのことで ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK