スポンサーリンク

中国移動が5Gの屋外実験用基地局を開局、2020年に商用化へ


cmcc 中国の移動体通信事業者であるChina Mobile Communications (中国移動通信:CMCC)の広東省子会社であるGuangdong Mobile (広東移動)は第5世代移動通信システム(5G)の実験用基地局を開局したと発表した。 5Gの屋外における実験用基地局としており、中国のZTE (中興通訊)と協力して広東省広州市内のGuangzhou Higher Education Mega Center (広州大学城:HEM ...- more -

米国向けに4500mAhの電池を搭載したスマートフォンLG X chargeを発表


xcharge 韓国のLG Electronicsの米国法人であるLG Electronics MobileComm U.S.A.はFDD-LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM端末「LG X charge」を発表した。 OSにAndroid 7.0 Nougat Versionを採用したスマートフォンである。 CPUはクアッドコアで動作周波数が1.4GHzとなっている。 ディスプレイは約5.5インチHD(720*1280)液晶を搭載している。 ...- more -

auがSIMロック解除の受付条件を一部変更、8月1日から順次適用


au KDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneはSIMロック解除の受付条件を一部変更することを明らかにした。 分割払いで端末を購入した顧客に対しては、2017年8月1日以降は端末購入日から101日目以降よりSIMロック解除の手続きを受け付ける。 ただ、2017年12月1日以降は対象回線におけるSIMロック解除の実績があり、前回のSIMロック解除の受付日から101日目以降である場合、端末購入日から100日以内でもSIM ...- more -

フィリピンのSmartとセブパシフィック航空が提携、Cebu Pacific-Smart LTE Tourist SIMを提供


smart フィリピンのPLDT傘下で同国の移動体通信事業者であるSmart Communicationsはフィリピンの航空会社であるセブパシフィック航空と業務提携し、2017年7月よりセブパシフィック航空の旅客に無料でSIMカードを提供すると発表した。 日本、中国、香港特別行政区、台湾、韓国からセブパシフィック航空を利用してフィリピンに到着する外国人旅客を対象としている。 提供されるSIMカードはCebu Pacific-Smart LTE To ...- more -

航空機搭乗時の受託手荷物ルールを7月1日から変更、スマホなど携帯型電子機器が対象


sc03j_blog2 国土交通省(Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)は2017年7月1日より航空機への搭乗に際し、リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器を受託手荷物として貨物室に預け入れる場合の規則を変更する。 2017年7月1日からの変更点を国土交通省が公式ウェブサイトを通じて案内している。 リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器の取り扱いがルール変更の対象となり、スマートフォンやフ ...- more -

韓国でLG G6+ (LGM-G600SP/ LGM-G600KP/ LGM-G600LP)を発売


g6plus 韓国のLG Electronicsはスマートフォン「LG G6+ (LGM-G600SP/ LGM-G600KP/ LGM-G600LP)」を韓国で発売した。 LG G6+はLG G6のアップグレード版となるスマートフォンである。 マイナーチェンジであるため変更点は多くないが、韓国向けLG G6からの変更点としては、内蔵ストレージの容量を128GBに変更、Qiに準拠した無線充電に対応、標準セットにデンマークのBang & Ol ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年6月
    « 5月   7月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK