スポンサーリンク

NTTドコモ向けと思われるノキア製の5G基地局が技適通過


総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)は技術基準適合証明や工事設計認証などを通過した機器の情報を更新した。 フィンランドのNokia Solutions and Networks製の基地局「ASAZQI-320-D10」および「ASAWEUA-1.6-D10」が2021年8月24日付けでTelecom Engineering Center (TELEC)を通じて電 ...- more -

韓国最大手のSK Telecom、会社分割を決議


韓国の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecomは2021年10月12日に開催した臨時株主総会で会社分割案に関して決議したと発表した。 2021年10月12日に韓国の首都・ソウル特別市に所在するSK Telecomの本社で開催した臨時株主総会において高い賛成率で会社分割案を決議したという。 機関および個人株主などから高い支持を得たと説明している。 これにより、SK Telecomを存続会社のSK Telecomと新設会社で韓国 ...- more -

香港の600MHz帯など周波数割当に携帯電話事業者4社が参加


香港特別行政区の政府機関で電気通信分野などの規制を司る通訊事務管理局(Communications Authority:CA)は携帯通信向け周波数の割当に参加する申請者を発表した。 周波数の割当に参加を申請かつ通訊事務管理局によって参加の資格を有すると認定を受けた適格参加者はChina Mobile Hong Kong (中國移動香港:CMHK)、Hong Kong Telecommunications (HKT)、Hutchison ...- more -

楽天モバイルが沖縄県で順次高速化、4G包括免許に20MHz幅を追加


Rakuten Mobile (楽天モバイル)は沖縄県を対象区域とする第4世代移動通信システム(4G)の基地局の包括免許に関して変更が認められたことが分かった。 Rakuten Mobileは2019年8月20日付けで総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の沖縄総合通信事務所より沖縄総合通信事務所管内を対象とする1.7GHz帯の周波数を使用した4Gの基地局の包括免 ...- more -

タイのAISがVoNRを商用化


タイの移動体通信事業者(MNO)でAISとして事業を行うAdvanced Wireless Network (AWN)は第5世代移動通信システム(5G)の無線方式であるNR方式で音声通話を行うVoNR (Voice over NR)を商用化した。 2021年10月11日よりVoNRの提供を開始している。 NR方式に準拠した5Gは2020年3月2日に商用化しており、5Gを商用化した時点では無線アクセスネットワーク(RAN)構成は第4世代移 ...- more -








  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年10月
    « 9月   11月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK