スポンサーリンク

VEONがTOBでGlobal Telecomを完全子会社化へ、旧Orascom Telecom


オランダに本社機能を置く英領バミューダ諸島のVEONは株式公開買い付け(TOB)によってエジプトのGlobal Telecom Holding (GTH)を完全子会社化する方針を発表した。 VEONは全額出資子会社でオランダのVEON Holdingsを通じてGlobal Telecom Holdingの発行済み株式の57.69%に相当する2,723,615,027株を保有しており、すでにGlobal Telecom HoldingはV ...- more -

HTCが2019年1月の月間売上高を発表、7割減でついに上場後最低に


台湾のHTC (宏達国際電子)は2019年2月14日付けで2019年1月の月間売上高を発表した。 2019年1月の月間売上高は前年同期比70.46%減、前月比25.63%減の10億600万台湾ドル(約36億2,289万円)となった。 前年同期比で7割超と大幅な減収を記録した。 また、台湾証券取引所に上場した2002年3月以降の月間売上高としては、これまで2003年5月に記録した11億3,000万台湾ドル(約40億6,945万円)が最低で ...- more -

ケニアのAirtel KenyaとTelkom Kenyaが経営統合で合意


インドのBharti Airtelおよび英国のHelios Investment Partnersはケニアで移動体通信事業を展開する両社の子会社を経営統合することで合意したと発表した。 Bharti AirtelはケニアのAirtel Networks Kenyaを通じて、Helios Investment PartnersはケニアのTelkom Kenyaを通じて移動体通信事業を手掛けており、Airtel Networks Kenya ...- more -

日本向けにZenFone Max (M2)とZenFone Max Pro (M2)を近く発表へ、サポートページに登場


台湾のASUSTeK Computer (華碩電脳)の日本法人であるASUS JAPANはスマートフォン「ASUS ZenFone Max (M2) (ZB633KL)」および「ASUS ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)」を近く日本市場向けに発表する可能性が浮上した。 ASUSTeK Computerの日本向け製品サポートのページにASUS ZenFone Max M2 (ZB633KL)およびASUS Ze ...- more -

韓国向けSamsung Galaxy S10+となるSM-G975NがFCC通過、対応周波数が判明


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM端末「SM-G975N」が2019年2月13日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。 FCC IDはA3LSMG975KOR。 モバイルネットワークはFDD-LTE 1900(B2/B25)/1700(B4/B66)/850(B5)/ ...- more -

韓国向けSamsung Galaxy S10となるSM-G973NがFCC通過、対応周波数が判明


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM端末「SM-G973N」が2019年2月13日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。 FCC IDはA3LSMG973KOR。 モバイルネットワークはFDD-LTE 1900(B2/B25)/1700(B4/B66)/850(B5)/ ...- more -

韓国向けSamsung Galaxy S10eとなるSM-G970NがFCC通過、対応周波数が判明


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM端末「SM-G970N」が2019年2月13日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。 FCC IDはA3LSMG970KOR。 モバイルネットワークはFDD-LTE 1900(B2/B25)/1700(B4/B66)/850(B5)/ ...- more -

葛飾区、地域BWA協定締結事業者を募集開始


東京都葛飾区は地域広帯域移動無線アクセス(以下、地域BWA)に係る協定を締結する事業者を募集すると発表した。 葛飾区では2016年度から2020年度の計画を定めた葛飾区ICT推進計画2016を策定し、区政における積極的な情報通信技術の活用を推進している。 地域密着型の地域BWAはその目的や特徴から情報通信技術の活用を推進するにあたり有効と認識しているという。 葛飾区を対象区域とする地域BWAの免許を取得し、地域BWAを活用したインターネ ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK